スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イミグラション

ペルー人の配偶者を持つ日本人はExoneracion de pago tasa
anual de extranjeriaという手続きを1月から3月末までの間に
すれば、年間20ドルを払わなくて済みます。
(私たちは最初の数年間はそのことを知らずに20ドル払っておりました。
1日遅れて倍の40ドル払ったこともあります。)
手続きにお金が27ソルほどかかるので、半額くらいになるだけなのですが、
こういうお金は少しでも少ない方がいいですよね。

申請書(Formulario F-007)
DIGEMIN
婚姻証明書のコピー(外務省にて判を押してもらったもの)
自分のCarnet extranjeriaのコピー(両側)が
必要です。
支払いはイミグラションの中にあるBanco de la nacionで行えます。
DIGEMINのホームページにはCarnetのコピーが必要とは書いておらず、
イミグラションのコピー機(40センチモ)を使わせようとしているのかもしれません。
支払ったら、すぐ左横にある列に並び、上記書類とCarnet extranjeriaを
渡します。それに銀色のシールを貼ってもらったら、終了です。

そこの担当者にペルーに長期滞在しているので、ペルー人になる手続きができるとはっきりいわれました。
でも、確か日本国籍が喪失されるはずと思い、日本領事館に相談してみると
やっぱり、日本は2重国籍を認めていないので、日本国籍を喪失してしまうそうです。
70年代以前に結婚された方だけは2重国籍を所持できるそうです。(75年だったかもしれません。
そこの所はうろ覚えです。)

今は配偶者ビザですが、イミグランテにすれば、毎年ビザの更新がいらないと聞いていたので、
それができるかと相談したところ、働いていてある程度の収入がないとだめだといわれてしまいました。
本当にそうなのかわかりませんが、また調べにいかないといけません。
とりあえず、上記の手続きは30分以内で終わって良かったです。
午前中9時前に到着することをお勧めします。
スポンサーサイト
プロフィール

azavala

Author:azavala
ペルーについて、
リマでのイベント情報
などをお伝えしたくて
ブログをすることにしました。
B型乙女座
好きな物、事、ロック音楽、読書、お笑い、美味しいもの
おせんべい。
ヨガを週1ペースでやっています。

お問い合わせなどはこちらへどうぞ。
honnokoukankaiアットマークyahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
FLASHアナログ時計


by WANPA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。